安保法制 関連記事



15年9月19日付・夕刊

「憲法秩序を無視」 高知弁護士会が声明


 安全保障関連法の成立について高知弁護士会(大塚丈会長)は9月19日、「成立を強行した政府与党の行為は、憲法秩序を無視した暴挙と言わざるを得ず、断固として抗議する」との会長声明を発表した。

 声明では、多数の憲法学者や元最高裁長官らが「安保関連法は憲法違反」と明言していると指摘。「憲法尊重擁護義務を負うべき政府が、自ら憲法解釈を変更し、憲法による拘束を免れることなど許されてはならない」と批判した。

 さらに「成立過程で立憲主義を無視している点にこそ最大の問題性がある」とした上で、「立憲主義の一つのほころびは、今後さらなるほころびを生み出しかねない高度の危険性をはらんでいる。絶対に看過されてはならない」と強調。安全保障関連法の速やかな廃止とともに、安全保障関連法が規定する条項が発動されることがないよう求めている。

 


 

 

総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保法制 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ