安保法制 関連記事



15年9月19日付・朝刊

「廃案まで闘う」 高知市で500人集会

安保法案の廃案に向けて開かれた集会

 安全保障関連法案の採決をめぐって国会で野党側の抵抗が続いた9月18日、「高知憲法アクション」が高知市役所前で法案の廃案を訴える緊急の集会を5日連続で開き、市民ら約500人(主催者発表)が「戦争法案がなくなるまで闘い続ける」と声を上げた。

 集会は、14日から続く座り込みがこの日午後5時すぎに終わった後、同じ場所で始まった。参加者が「強行採決認めない!」などと書いたボードを持つ中、高知大学の岡田健一郎准教授(憲法学)は「たとえ法案が通ったとしてもいかに使わせないかが大事」と訴えた。また、講演のため高知市に来た法政大学の山口二郎教授(政治学)らもマイクを握り、それぞれスピーチした。

 集会後、参加者は高知市中心部をデモ行進した。

 「高知憲法アクション」など10団体は9月27日午前11時から、高知市丸ノ内緑地で、「戦争させない!戦争に行かない!憲法アクションinこうち」の第5弾を行う予定。


  【写真】安保法案の廃案に向けて開かれた集会(高知市役所前)

 


 

 

総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保法制 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ