安保法制 関連記事



15年9月18日付・朝刊

安保法制の参院特別委可決 「採決認められぬ」民主・広田氏

強行採決に抗議する広田一氏=手前中央

 安全保障関連法案を可決した参院特別委員会で、民主党委員として採決阻止へ抗戦した広田一氏(高知県選挙区)は「強行採決どころか、『暴力採決』だ。採決は無効で、到底認めることはできない」と憤りをあらわにし、本会議での成立阻止へ全力を挙げる姿勢を示した。

 採決をめぐる与野党の攻防が続いていた16日深夜、理事会の状況を確認するため委員会室から出てきた広田氏は「(採決は)認められない」と険しい表情で通路を行き来。17日午後に再開され、鴻池祥肇委員長が採決に踏み切ると、広田氏も声を張り上げ、委員長に詰め寄る野党の抗議の輪に加勢した。

 採決後、取材に応じた広田氏は「野党議員が取り囲んだのならまだしも、与党議員、しかも委員ではない議員も来て暴力を振るっていた」と批判。採決時の議事録がないとして「何を議決したのか証拠を求める」と語気を強めた。

 また「15、16日に開いた公聴会の報告もなく、許しがたい。審議で(政府側に)求めた資料なども示されておらず、採決できる環境は整っていない」と指摘。「本会議では、問責決議案の提出も含めてじっくり戦う」と徹底抗戦の構えをにじませた。

 【写真】参院特別委で安保関連法案が可決された後、一礼する中谷元・防衛相と、強行採決に抗議する広田一氏=手前中央(参院第1委員会室)

 


 

 

総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保法制 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ