安保法制 関連記事



15年9月18日付・朝刊

安保法制の参院特別委可決 「誠心誠意努めた」中谷防衛相

一礼する中谷元・防衛相

 安全保障法制担当相を兼任して国会答弁に立ち続けてきた中谷元・防衛相(衆院・高知1区)は9月17日夕、安保関連法案が参院特別委員会で可決された後、高知新聞の取材に「担当大臣として誠心誠意(説明に)努めた」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。野党などが「強行採決だ」と反発していることについては「時間をかけて、丁寧に議論した」と話した。

 採決などをめぐり与野党の協議が紛糾し、理事会が長引く16日夜から17日未明にかけ、中谷氏は安倍晋三首相らと委員会室で答弁席に座り、審議開始を待った。その間も、あちこちに付箋を貼った答弁書を何度も読み直し、質疑に備えた。

 17日夕、参院特別委員会は審議を打ち切り、与野党委員が入り乱れて騒然となる中、安保関連法案を可決。怒号が飛び交う委員会室を出てきた中谷氏は「法案の内容もできるだけ丁寧に質問に答えてきた」と採決を歓迎した。

 野党などが「審議が不十分」と強く抗議していることに対しては「PKO(国連平和維持活動)法など、どの法案と比べても審議時間は最高記録。論点もほぼ出てた」と強調。国民の理解が十分に広がっていない状況について問われると、「自衛隊法もPKOもその時代には十分理解されてなかったが、日本の平和が守られた。安保法案も平和が続くことにつながると確信する」と話した。

 【写真】参院特別委で安保関連法案が可決された後、一礼する中谷元・防衛相と、強行採決に抗議する広田一氏=手前中央(参院第1委員会室)

 


 

 

総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保法制 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ