安保法制 関連記事


議会記事

15年9月17日付・朝刊

東洋町長は安保関連法案を支持

 高知県の東洋町議会は9月16日、4人が一般質問。一般会計補正予算2億1200万円など8議案を可決し、2014年度各会計決算を認定して閉会した。

 松延宏幸町長ら執行部の答弁要旨は次の通り。

 2015年度の一般会計は、現時点で消防防災費が3億6千万円、建設事業の投資的経費は5億6千万円、福祉施策などの民生費が7億2千万円と、民生に占める経費が突出している。生活弱者対策を町の一律支給で行うのは財政的にも困難に思われる。

 集団的自衛権行使の議論や法整備は、自国防衛を前提としての最低限の行使容認であるため支持する。行使に当たっては、国会の承認が必要とされていることから、歯止め策は厳格に担保されていると考えている。

 海の駅の商品を、ふるさと納税の返礼品として使えないか検討している。また、インターネット販売についても高知県と連携して取り組んでいきたい。


 
総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保議会 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ