安保法制 関連記事



15年9月15日付・朝刊

安保法案廃案求め特別決議 高知県労連が定期大会


 高知県労働組合連合会(=県労連、田口朝光委員長、約8千人)は9月13日、代議員ら約90人が参加して高知市内で定期大会を開き、参院で審議中の安全保障関連法案の廃案を呼び掛ける特別決議を採択した。

 決議は「日本が攻撃されていないのに他国防衛のために戦う『集団的自衛権の行使』は明白な憲法違反」「平和であってこそ誇りをもって働くことができる」と訴え、「やれることを全てやりきって戦争法案を葬り去ろう」と呼び掛ける内容。

 田口委員長は、高知県労連も参加する「民主市政をつくるみんなの会」が候補を擁立した11月の高知市長選に関し、「(1951年から)44年間続いた革新市政を奪還する大きな戦いにしたい」と述べた。

 2015年度の運動方針は2014年度に続き、職場活動の活性化▽組合がない職場の組織化と地域相談所の設置▽「戦争をする国」を阻止―を3本柱として採択した。

 三役改選では田口委員長らを再選し、副委員長に石川真人氏(高知県教職員組合委員長)を新任した。

 


 

 

総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保法制 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ