安保法制 関連記事


議会記事

15年9月13日付・朝刊

高知市議会に安保法案で再び意見書 「国会採決見送りを」

 高知市議会9月定例会は14日開会する。参院で審議中の安全保障関連法案の採決が来週半ばに行われる情勢になりつつあるとして、市民クラブ(民主党や社民党議員らで構成)と共産党が、安全保障関連法案の徹底審議と今国会で採決しないことを求める意見書を共同提出し、開会日に採決が行われる見通しだ。

 高知市議会は、6月定例会で安全保障関連法案に反対する意見書を16対17の賛成少数で否決している。今回の意見書は、法案の審議不足や国民の理解が浸透していない状況を指摘し、拙速に採決しないよう求める内容。今回も賛否は拮抗(きっこう)するとみられる。

 執行部提出議案は、2015年度一般会計補正予算案など24件。開会日に2014年度一般会計などの決算認定議案や、高知市立救護施設「誠和園」の民立民営化に向けた事業者選定委員会の設置議案など5件、閉会日に人権擁護委員の推薦など人事議案3件を追加提出する。

 会期は10月2日までの19日間。個人質問は17、18、24、25、28日の計5日間で、22人前後が登壇を予定している。初日は午前10時に開会し、岡ア誠也市長が提案理由を説明する。


 
総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保議会 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ