安保法制 関連記事


議会記事

15年7月11日付・朝刊

高知県議会運営委員会が意見書署名議員の退席などで注意

 高知県議会6月定例会最終日の7月10日、意見書の提出者として署名した議員が採決の際に退席したり、反対したりするケースが相次いだ。閉会後に開かれた議会運営委員会で武石利彦委員長が「採決は慎重に対応してもらいたい」と注意した。

 県民の会の高橋徹氏は「安全保障関連法案の撤回を求める意見書案」に署名していたが、採決を退席した。高知新聞の取材に「署名後に支持団体から賛成しないように言われた。格好の悪い話で申し訳ない」と話した。

 共産党の中根佐知氏は、自ら署名した「TPP交渉からの即時撤退を求める意見書案」の採決で反対した。直後に採決された別の意見書案と勘違いしたという。


 
総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保議会 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ