安保法制 関連記事


議会記事

15年7月9日付・朝刊

土佐清水市が安保関連法案「制定中止」意見書を否決

 高知県の土佐清水市議会6月会議が8日、国会で審議中の安全保障関連法案の制定中止を求める意見書を賛成少数で否決した。県内で同様の意見書否決は8市町村となった。可決は9市町村。

 意見書は社民党の武藤清氏が賛成者2人を得て提出した。

 田中耕之郎氏と森一美氏、公明党の仲田強氏が「日本国民を守る法案であり、いつ起きるか分からない事柄にスピード感を持って取り組むのは当然であり、国会で日本を守る観点で議論を深めてほしい」などと反対討論。

 共産党の前田晃氏が賛成の立場から「9条を壊し、戦争する国につくり替える法案であり、軍事の抑止力で平和は保てない。殺し殺される戦場に若者を送ってはいけないし、明らかに憲法違反で認められない」と述べた。

 採決の結果、賛成5、反対6で否決した。


 
総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保議会 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ