安保法制 関連記事


15年6月27日付・朝刊

「報道批判」に高知県関係の自民議員
「自由な議論必要」
「背景に安倍1強」

 安全保障関連法案などをめぐり、6月25日の自民党の若手議員による勉強会で「報道批判」があったことを、高知県関係の自民党国会議員はどう見ているのか。

 自民党高知県連会長の福井照氏(衆院・比例四国)は「気に入らない新聞をつぶせとか、広告スポンサーをなくせなんて、今どき、焼き鳥屋の酒飲み話でもしない。冗談だろうが、冗談にしても行き過ぎだ」と苦言を呈した。

 問題の背景を「自民党内が『安倍1強』だから」と分析する。「安保法案や首相を批判すれば唇寒し、という雰囲気が否めない」と認めつつも、「具体的な締め付けはなく、全体主義的な空気までは感じない」という。

 山本有二氏(衆院・高知2区)は「何てばかなことをしたんだ」と語気を強めた。「法案への風当たりの強さにいら立つ気持ちは分かるが、(表現の自由を保障した)憲法21条をちゃんと読め、と言いたい」と若手議員らをたしなめた。

 25日には、リベラル系議員の勉強会が自民党執行部の意向で中止に。山本氏はそうした状況も踏まえ、「一連の動きは若手だけの判断ではない。親分(安倍首相)の前で手柄を立てたい連中が忖度(そんたく)している」。

 法案審議への影響について「異論を封じるような空気が自民党内を支配するようなら、成立は危うい。法案の修正も含めて、自由に議論する空気に変えていくことが必要だ」と語った。

 マスコミに圧力をかける発言が飛び出したのは、若手議員の勉強会「文化芸術懇話会」だった。

 1期目の高野光二郎氏(参院・高知県選挙区)は参加しておらず、「マスコミ批判は個人的な思いとしてあったとしても、圧力を加えるようなことはやってはいけない。国民に『自民党は調子に乗っちゅう』と批判されても仕方がない」と指摘した。

 続けて「今回のような“強硬ライン”が自民党若手の主流ではないことは分かってほしい」と強調。「安保法案については県民、国民に説得力を持って説明し、自民党内や国会内でただしていくのが私たちの立場」と述べた。

 中谷元・防衛相(衆院・高知1区)は、26日午前の閣議後会見で「報道の内容も詳細も承知していない。コメントは差し控える」と述べるにとどめた。


 
総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保法制 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ