安保法制 関連記事


議会記事

15年6月27日付・朝刊

香南市も安保法案反対 議会が「制定中止」意見書可決

 高知県香南市議会6月定例会は26日、安全保障関連法案について、制定中止を求める意見書を賛成多数で可決した。同様の意見書は、これまでに土佐市や長岡郡本山町など8市町村が可決。南国市と土佐郡土佐町も慎重審議を求める意見書を可決している。

 意見書は共産党の山崎朗氏が賛成者2人を得て提出した。

 反対討論では真辺慶一、西内治水、公明党の宮崎晃行の3氏が「どの国も紛争に巻き込まれるリスクがある。切れ目なく安全保障体制を築き抑止力を高め、紛争を未然に防ぐことは政府の重要な役目」などと主張。

 野本光生、斉藤朋子共産党の馴田文雄の3氏は賛成の立場から「現憲法の三大原則であるものを変更していくことは、憲法の規範性、最高法規性を損なう恐れがあり国民の法秩序の不信感も生みかねない」などと述べた。

 採決では山中昭、小泉潤の両氏が退席し、賛成10、反対7で可決した。


 
総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保議会 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ