安保法制 関連記事


15年6月21日付・朝刊

高知市で連合高知など4団体が安保、労働法制反対集会

安保関連法案などに反対した集会

 連合高知など4団体は6月20日、政府が進める安全保障関連法案と労働法制改正に反対する集会を高知市の中央公園北口で開き、約80人が「安倍政権の暴走を止めよう」と声を上げた。

 企業の派遣労働者受け入れ期間の制限をなくす労働者派遣法改正案が19日、衆院を通過したことについて、連合高知の間嶋祐一会長が「ここ数年で格差と貧困がどんどん広がっている。労働環境の悪化を広げる法の改悪を許してはならない」と批判した。

 民主党の広田一参院議員(高知県選挙区)は、衆院憲法審査会で憲法学者全員が安保関連法案を「違憲」と指摘した国会論議を報告。「日本が国外で武力行使をし、外国の人を殺傷する。集団的自衛権の本質や危険を安倍政権は『必要最小限』や『限定的』などの言葉で国民に隠している」と訴えた。

 集会は連合高知、民主党高知県連、社民党高知県連合、部落解放同盟高知県連合会が主催した。今後も4団体は街頭で反対活動を続けるという。

 【写真】安保関連法案などに反対した集会(高知市の中央公園)


 
総カウント数
本日は
昨日は

 ・「安保法制 関連記事」次の記事へ
 ・「安保法制 関連記事」トップページへ
 ・高知新聞フロントページへ